ニュース

ニュースを材料に発信する

そう。ピコ太郎さんの場合、情報の単価はたぶん安いと思う。僕の場合、情報の単価は高い。ならばアテンションはなるべく効率的になるべくワイドに獲得し、その中から選別してマネタイズしたほうがいい。

あと「ニュースを材料に発信する」というのは、すばらしい発信方法です。なぜなら「ネタ切れ」になることはないから。継続できている人を、みてごらん? 高橋ダンも、ラジおやじも、皆、ニュースを伝えるスタイルだ。

ドットコムバブル自体、ウェブ界に君臨したネット企業はヤフーでした。 その理由? 彼らはニュースというコンテンツの重要さを誰よりも良く理解し、ヤフー・トップページに注力したから。

みんなは知らないと思うけど、インターネットが最初に人気化した1996年頃、「検索エンジン戦争」というのがあったのです。エキサイト、ライコス、インクトミ、ヤフーetc.いろいろな検索エンジンが「わが社こそが勝者になる!」という感じで大激突した。

僕の勤めていた投資銀行は、ライコスとインクトミを応援しました。(技術力では…インクトミが一番だ!)と思った。 でもインクトミは覇権を奪取できなかった。 なぜ?……それは「ニュース」というものの重要性を軽視したから。

「ニュースを材料に発信する」というのは、すばらしい発信方法です。なぜなら「ネタ切れ」になることはないから。

じっちゃま:Tweet 午後10:19 · 2021年2月27日