3月ひな祭り

例年、3月・4月は株が高い。そのことを忘れずに!

今週も米10年債利回り(現在1.415%)の動きに注目! 利回り上昇ならハイテク、グロース、最近のIPO、SPAC(特別買収目的会社)が下がる。

その反面、10年債金利は落ち着きを見せる可能性もある。その場合、出動してOK。数日かけて見極めよう!

長期金利との絡みで新型コロナワクチンの生産のペースに注目している。米国では現在1日150万回分程度。これが3月には2倍のペースになるかも。現在注射の対象になっているのは65歳以上の老人だ。じっちゃまは、まだ対象外。

いま65歳以上の老人の4割が第一回目の接種を終えている。そろそろ若い人たちへの注射をどう進めるか?の議論が詰められるはず。

長期金利に影響を与えそうなもうひとつの要因は1.9兆ドルの追加景気刺激策だ。下院は既に先週これを可決した。いま上院に回っているところ。3月半ばまでに上院でも可決→バイデン大統領の署名という運びになるか?

1.9兆ドルの追加景気刺激策が成立すると、それは長期金利を押し上げる要因になるかも。その反面、前回米国政府が国民ひとりひとりに600ドルを配った時、その少なからぬ部分は株式市場に向かった。今回は1400ドルだ。ひとまわりスケールがデカい。

例年、3月・4月は株が高い。そのことを忘れずに!

じっちゃまがそういうと(なんだい、あのじじい、また歳時記を見て、投資判断している)とdisるわけじゃが……こよみを馬鹿にするものは、2月のように「お尻ぺちぺちの刑」に処されるわけじゃ。

じっちゃまくらい年季が入ってくると「株式投資に効くものなら、ファンダメンタルズ分析だろうが、テクニカル分析だろうが、占星術だろうが、ガマの油だろうが、なんでもええから、持ってこい!」という気分になる。 こよみは効く! ガマの油は役に立たない。

今週は最近IPOされた若い会社の決算発表が目白押し。IPO後初の決算発表はとても重要。これをとりこぼす会社は、見込みがない。もし「悪い決算」出したら、鼻くそピーン!と売り飛ばすこと。

IPOではロブロックス(RBLX)に注目している。3月10日頃のはず。じっちゃまもデュー・デリジェンスの意味でロブロックス・デビューしたゾ。

例年、3月・4月は株が高い。そのことを忘れずに!

じっちゃま:Tweet 午前7:20 · 2021年3月1日