宇宙

宇宙ビジネスを「夢物語だ」と考えるのは間違い

人工衛星経由でインターネット・サービスを提供する事業が1500億ドル、地球監視/データ・アナリティックス事業が400億ドルと予想されています。

地球監視/データ・アナリティックスの事業は「ビッグデータ」や「AI」とも重なる領域です。銘柄でいえばパランティア(PLTR)のやっていることの多くは人工衛星から送られてきたイメージの解析ですし、スノーフレーク(SNOW)に蓄えられる再利用可能なデータも人工衛星からのイメージが多いです。

だから宇宙ビジネスを「夢物語だ」と考えるのは間違い。実際には、きわめて将来の売上高を予想しやすい、安定収入が期待できる事業がごろごろしています。

宇宙ビジネスを「夢物語だ」と考えるのは間違い

じっちゃま:Tweet 午後5:07 · 2021年3月3日