ロブロックス

ロブロックス(RBLX)IPO

ロブロックス(RBLX)未だ注文入れないで!

何もせず、気配が立つのを静かに待ちます。

今回はダイレクト・リスティングですからNYSEでいきなりトレードが開始されます。

指定マーケットメーカー(DMM=才取会員)はGTS証券。

まず参照価格を関係者に示し、「買いたい!」、「売りたい!」のニーズを集め、均衡点の模索が始まります。時間のかかるプロセスです。その間、みんなの画面には気配は出ないはず。

実需を反映させた修正気配を示したら、いまいちど関係者に「これでよろしいか?」と周知徹底します。根気良く、入念に、買い需要と売り需要をマッチします。

ロブロックス(RBLX)の場合、ロックアップは無いので、インサイダーはいきなり売りをぶつける事が出来ます。だから極端に強気な相場観は滑稽。「品薄感」は生じない筈。

ロブロックスは先日、「新型コロナが終息するとエンゲージメントが大幅に悪化するだろう」という利益警告を出したばかりです。

今日はNASDAQではなくNYSEでの上場なのでシステム・ダウンなどのリスクは少ない筈。

でもIPOの日は「注文訂正」などが円滑に行かないリスクがあるので、なるべく取引開始直前まで何もせず、状況をよく見極めてから発注すべき。

気配は何度も訂正されるので、いま流布している気配値が最終だと思わないこと。