モンゴDB

モンゴDB

モンゴDB、EPSガイダンスが低いのは心配無用!これは意図的。 ①セールス&マーケティング費用を増やす ②R&D費用を増やす 経済再開したらすぐに飛行機に乗り、クライアントのところへ飛んで行って大きな商談を進めます。

別の言い方をしますね。いままでモンゴDBはデータベース界の王者、オラクル(ORCL)と正面対決を避けてきた。なぜならリレーショナル・データベースはとてもがっちりと顧客に浸透し、簡単に覆せないことはわかりきっていたから。

そこで顧客企業のソフトウェア・デベロッパーにちょっとだけ試しに使ってみてもらい、それを徐々に顧客企業内で広げてゆくゲリラ的戦法を用いました。これはとても上手く行っています。

いま顧客企業では「いまさらSQLでもないよね」という感じで「はやくウチの会社に来て、トップにドキュメント型データベースの良さをプレゼンして欲しい!」というリクエストが来ています。

モンゴDBは、だからいまオラクルに対して正面攻撃をかけようとしている。そのために大きなマーケティング予算を見込んでおり、EPSが下がるのはそのため。

午後7:45 · 2021年3月10日